NOTE

厄年なんて吹っ飛ばせ!
キャッシュフローゲーム。
新年から寝正月のゲーム三昧の日々を過ごしてます、オカダですw



昨日、ケータイアプリで『Cash Flow』なるゲームを見つけました。

これは、『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者でお馴染みの
ロバート・キヨサキさんが、ボードゲームとして発売しているものが
ケータイアプリになったものです。


人生ゲームのようなボードゲームに見えるんだけど、
結構違うんですよ(^^)b





※注:以下の文章中に用語解説が出てきますが、
これらは全て「僕の解釈」で説明していますので、
実際の意味とは異なる可能性があります。


なんとなくやってれば大体がゴールできる人生ゲームとは違って、
このゲームは、
ラット・レース(生活費やローンの支払いのためにあくせく働く人生)を抜け出すために、
「不労所得」
「総支出」
(それぞれの職業(ランダム割り当て)で違う)より多くする。

上回った人からファーストトラック(金持ちがお金を自分のために働かせている世界)に行き、
そこで、(最初に設定した)夢を叶えるorさらに稼ぐ
事をゴールとしています。

言葉で読んで分かりますか?w


それぞれに、月ごとの「総収入」(給与等)と「総支出」(税金・住宅ローン等)があって、
その差額が「キャッシュフロー(以下CF)」(自由に使える分)って訳です。

「総収入」=$2,500(ベースがアメリカのゲームなので単位はドルです)、
「総支出」=$1,800なら、
月の「CF」=$2,500-$1,800=$700
ですよね。
つまり、何もしなければ毎月$700ずつ貯まっていく訳です。

この貯まっていく$700を元に色々やる訳ですよ。
例えば、
・株を買う(安値で買って高値で売れば現金増加)
・債権を買う(持ってれば毎月$10入る=不労所得)
・不動産を買う(転売で現金増加、家賃収入=不労所得)
・ビジネスを買う(自分で始めるor既にあるビジネスに投資すると利益が貰える=不労所得)
などなど。

主なお金の出口としては、
・寄付(ゲーム上ではサイコロ増加の効果アリ)
・ムダ使い(モノ買ったり旅行行ったり等、収入に繋がらない買い物)
・Downsized(直訳すると『解雇』らしい…。2回休み&総支出額を銀行に支払う)
などがあります。

お金を借りる事も出来て($1,000単位、$1,000につき$100の利息=「総支出」増加)、
これらを駆使して不労所得(勤労以外から得られる収入)を増やし、
不労所得が総支出を上回る=働かなくても食っていける人生を目指すわけです。
…ま、ゲーム上で、ですがw



元々『金持ち父さん・・・』の本が好きで、それに影響されて投信始めた俺。
熱中しない訳が無い、とw

ゲーム上では、自分の資金状態を
B/S(貸借対照表・資産(お金を生み出すもの)と負債(お金が出て行く要因)を表示)と
P/L(損益計算書・月々の収入と支出を表示)で出したり、
不動産等を買うときには
ROI(Return Of Investment:投資収益率、年間利益額÷投資額)が
表示されたりと、
かなり勉強になります。



実際に投資を始めてる身ですが、
このゲームをしていると、自分に足りなかった部分が少しずつ見えてきたので、
それらをどんどん実践に活かしていこうと思います。



今の投資への取り組み方、少し見直してみようかな…と、
ゲームをやりながら考えるオカダでした☆
[PR]
by marcador | 2009-01-03 13:58 | daily note
<< 続・キャッシュフローゲーム。 明けました。 >>


by marcador
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フォロー中のブログ
勝手に!Link集
カテゴリ
最新のトラックバック
花沢 類メンバー
from 花沢 類のリンク集
欧州チャンピオンズリーグ
from Anything Story
長澤まさみのプロポーズ大..
from 長澤まさみのつぼ
プロポーズ大作戦
from プロポーズ大作戦
花粉症のお薬対策
from 花粉症のお薬対策
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧